おとうさんは宿直明けで午後からお休みです。お花シリーズに『桐(きり)』の花がないないと騒ぎながら出かけていきました。盛りはすこーし過ぎていますがこれも薄紫色の可憐な花です。家紋の模様や高級箪笥の材料となるあの樹木です。