岩手県三陸沿岸部の山田町で縄文時代の大きな集落跡の発掘調査現地説明会が開催されました。昨日は、岩手県内をはじめ各地で調査成果の説明会がありましたが、縄文女子のお母さんの意向が大きく影響したようで、山田町の『石峠?遺跡』と『浜川目沢田?遺跡』が選ばれたようです。
縄文時代中期の住居跡(石峠?遺跡)

炉の埋設土器(石峠?遺跡)
土器が斜めに埋設されたものは宮城県でも出土例がありますが・・・

複式炉(浜川目沢田?遺跡)
大きく袖の広がる複式炉は岩手県沿岸部では希少例です

伏甕(浜川目沢田?遺跡)
岩手県の中期後葉の住居跡からの例が多数報告されています

縄文晩期の集落も見つかりました(浜川目沢田?遺跡)