おとーさん・おかーさんはみぞれ混じりのスゲー悪い天気の中、気仙沼市大谷の高台移転地区(防災集団移転事業)にある『嚮館跡』の発掘調査現地説明会に行ったのでしたが、現説ついでではあっても海方面に行くとたくさんの海産物をGETしてくるはずが、手ぶらでガックリして帰ってきました。実は、低気圧の影響からか波がドドーンっと漁ができる状況ではなく食料調達にも発掘写真も満足出来ず落ち込んでいるようでした。
縄文時代後期の食料の貯蔵穴(やっぱり食料にこだわるのかい!)

リアル柱の掘立柱の住居跡(雨がふりやまず)写真奥が大谷海岸

注:柱は杉の丸太材(現代)